営業時間10:00~17:00

浪人特化!PT・OT国家試験専門塾

理学・作業療法士国家試験の不適切問題を【徹底解剖!】

ワニ先生
WRITER
 
友だち追加
友だち追加
この記事を書いている人 - WRITER -
ワニ先生
鰐部雄心(ワニベユウシ) 理学・作業療法士国家試験予備校 鰐部ゼミナール塾長/理学療法士 PT養成校では首席で国試点数は243点。世界で一番分かりやすい授業を日々目指しております。良ければショートムービー授業ページの一部をYouTubeで配信しております。本文上のYouTubeボタンからぜひご覧いただけますと幸いです。
詳しいプロフィールはこちら

 

点数が合格ラインぎりぎり…不適切問題ってよく耳にしますが点数に影響しますか?みんな合格しやすくなるってことですか?悪い影響はありませんか?

55回受験生

初めまして。PTOT国家試験専門オンライン塾鰐部ゼミナールの塾長の鰐部です。試験お疲れ様でした。本当に心配になりますよね。

鰐部塾長

はい。結局どの問題が重要なのか、不適切問題候補なのか分かりません。

55回受験生

承知致しました。この記事でしっかり解説していきますね。また今回の55回試験の重要問題や不適切問題候補を動画解説などにしてお届けする解説LINEを作成しました。特典について下記に載せておきます。ぜひご登録ください。

鰐部塾長

 

【鰐ゼミ不適切問題解説無料LINE登録特典】

・わにゼミ全教科映像授業体験プレゼント

・不適切問題解説動画をプレゼント

ぜひご参加ください

こんにちは。理学・作業療法士国家試験専門オンライン塾 鰐部ゼミナールの塾長鰐部です。

毎年2月になると、理学・作業療法士学生にとって最大のイベントである理学療法士・作業療法士国家試験が行われ、

 

毎年理学療法士は約10,000人、作業療法士は約5,000人の方が合格されています。

(合格率は毎年70~80%前後)

 

そんな理学・作業療法士国家試験ですが、不適切問題というものがあります。

この記事では不適切問題の仕組み・試験結果への影響・恩恵を受ける人受けない人について

実際に過去の試験データを踏まえながら分かりやすく解説していきます!

このブログを動画で解説しています↓

 

①そもそも不適切問題とは?

 

不適切問題(言葉の通り不適切な問題)とは様々なパターンがあります。

 

「正答が複数ある」

「選択肢に正解がない」

「問題自体は正しいが、教育内容として周知されていない(難しすぎる)」

 

これらの問題は不適切問題として扱われます。

 

不適切問題が国試結果にどう影響を及ぼすか

 

過去の傾向から2つに分かれます

 

1.採点除外パターン(以下、採点除外に関することは赤字)

 

「選択肢に正解がない」「問題自体は正しいが、教育内容として周知されていない(難しすぎる)」

この場合は問題自体が試験から無かったことにする措置が取られます。

 

例えば採点除外問題が1問(1点分)あるとすれば、280点満点の試験がマイナス1点分の

279点満点になります。

 

合格ラインもその満点に対しての6割で計算されます。

下記に実際の近年試験の結果がありますので、そちらを見ていただいたほうが分かりやすいかと思います。

 

 

2.複数正解パターン(以下、複数正解に関しては青字を使います)

「正答が複数ある」
この場合は、複数ある正解のいずれかを選んでいれば点数を獲得できます。

 

例)1つ正しいものを選ぶ問題だけど、正解が選択肢4,5

この場合は4を選んだ方、5を選んだ方、両者に得点が付与されます

 

採点除外パターンと違い、得点を与えられ母数(満点)が変化することはありません。

 

 

それでは実際に過去の試験で「採点除外」「複数回答」がどのくらいあったか見てみましょう

ワニ先生

 

 

②実際の54回~51回PTOT国試の不適切問題数

 

分かりにくい場合はページ上部の動画をご覧ください。

 

54回理学・作業療法士国家試験

[理学療法士国家試験]

・総得点 164点以上 / 272点
・実地問題 41点以上 / 117点

 

不適切問題と扱われたのは

  • 実地問題が1問(採点除外)
  • 専門問題が1問(複数正解)
  • 共通問題が7問(うち採点除外5問 / 複数正解2問

うち採点除外が8点分総得点の母数が272点に

272点の6割は163,2→164点以上なら合格!

 

[作業療法士国家試験]

・総得点 165点以上 / 275点
・実地問題 43点以上 / 120点

 

不適切問題と扱われたのは

  • 共通問題7問のうち(採点除外5問 / 複数正解2問

うち採点除外が5点分→総得点の母数が275点に

275点の6割は165,0→165点以上なら合格!

 

53回理学・作業療法士国家試験

[理学療法士国家試験]

・総得点 165点以上 / 274点
・実地問題 40点以上 / 114点

 

不適切問題と扱われたのは

実地問題が3問のうち(採点除外2問(3点×2問分) / 複数正解1問

共通問題が2問のうち(複数正解2問

うち採点除外が6点分→総得点の母数が274点に

274点の6割は164,4→165点以上なら合格!

 

[作業療法士国家試験]

・総得点 167点以上 / 277点
・実地問題 41点以上 / 117点

 

不適切問題と扱われたのは

実地問題が1問のうち(採点除外が1問

共通問題が2問のうち(複数正解が2問

うち採点除外が3点分→総得点の母数が277に

277点の6割は166,2→167点以上なら合格!

 

54~51回理学・作業療法士国家試験の結果まとめ

 

※スマホでご覧の方は画面を横にして下さい。

PT 第54回 第53回 第52回 第51回
・総得点 164点以上 / 272点 165点以上 / 274点 168点以上 / 280点 165点以上 / 274点
採点除外数(点数) 6問(8点分) 2問(6点分) 0 4問(6点分)
複数正解数 3問 3問 2問 1問

 

OT 第54回 第53回 第52回 第51回
・総得点 165点以上 / 275点 167点以上 / 277点 167点以上 / 277点 167点以上 / 278点
採点除外数(点数) 5問(5点分) 1問(3点分) 1問(3点分) 2問(2点分)
複数正解数 2問 2問 2問 0問

 

上の表からも、その年度によって合格ラインも変化することが分かります。

  • PT54回試験は合格ラインが4点分も下がりました。
  • 逆にPT52回試験は合格ラインに変化はありませんでした
全体を見ると1~4点ほど合格ラインに影響していることが分かります。

 

合格ラインが下がるということは良いことですよね?

55回受験生

じつはプラスになることも、マイナスになることもあるんです…

ワニ先生

 

 

③国試不適切問題で恩恵を受ける・受けないパターン

 

不適切問題によって恩恵を受ける方・受けない方がいます。

 

「採点除外問題」ではマイナスに働くことも

例えば

  • PT54回試験(合格ライン164点以上・採点除外が8点分)を受験
  • 〇社の解答速報を使って自己採点

をした、AさんとBさんの2人がいたとします。

 

〇恩恵を受けるAさん

Aさん:自己採点結果は164点、、、やばい4点足りない、、、、終わった、、、、

しかしAさんは受かりました。なぜなら(ここから少し頭を使います)

 

 

Aさんの自己採点164点には「正式解答で採点除外になる8点分が【自己採点では不正解だったため点数としてカウントしていませんでした】」

→Aさんの自己採点164点には「採点除外問題分の得点が入っていないので正式な点数は164点と変わらない

→54回の合格ラインは164点なので合格!

 

 

Aさんは164点でも合格することができました。

 

※逆に言うと、「自己採点で8点分正解とカウントしていた問題が」「正式解答で8点分が採点除外になると」解答速報で出した点数からマイナス8点になってしまいます。お気づきかと思いますが、恩恵を受けないのは、、、、、

 

 

〇恩恵を受けないBさんの場合

Bさん:自己採点結果は170点、、、ギリ合格か?やった!!!

そして合格発表、、、

 

落ちた、、、なんで、、、?

55回受験生

 

 

Bさんは落ちてしまいました。それは先ほどお伝えしたこちらの内容です。

 

※逆に言うと、「自己採点で8点分正解とカウントしていた問題が」「正式解答で8点分が採点除外になると」解答速報で出した点数からマイナス8点になってしまいます。お気づきかと思いますが、恩恵を受けないのは、、、、、

Bさんはこのパターンでした。

 

↓以下、同じことの繰り返しです。

Bさんの自己採点170点のうち自己採点で8点分正解とカウントしていた問題が」「正式解答で8点分が採点除外になってしまいました」

→Bさんの自己採点170点から「8点分問題が無かったことになるため得点が消えてしまう」

→「自己採点170点ー採点除外8点=正式点数は162点になる⇒不合格」

 

 

このように合格ライン自体は下がってはいるのですが、

  • 母数も減っているので、ただ試験がカンタンになったわけではない。
  • 自己採点と比較した場合、良い方向にも悪い方向にも働く場合もある。

 

 

「複数正解問題」は点数が増えるだけ

 

複数正解問題は正解の選択肢が増えるため、正しい選択肢を選んでいれば点数を獲得できます。

Cさん:自己採点結果は162点、、、やばい6点足りない、、、、

 

「Cさんの答え」は「自己採点では不正解としていた3問が」「正式解答では複数回答に指定され、3問とも正解扱いになりました」

※注 全員が正解扱いになるわけではありません。

→プラス3点でトータル165点(54回の合格ラインは164点)で合格!

 

 

④不適切問題の有無が決まるまでの流れ

 

  1.  各養成校が意見書を作成
  2.  意見書を日本理学療法士協会・日本作業療法士協会が集約
  3. 異議申し立てとして厚生労働省へ問題を提示
  4. 合格発表と同時に不適切問題の有無・合格ラインが公表(※合格発表当日から厚生労働省のHPで発表されます)

このような流れになります。

 

⑤まとめ

 

  • 不適切問題=自己採点と比べると必ず有利になるわけではない
  • 採点除外問題は自己採点から点数が引かれる場合は有利に働かない
  • 採点除外問題は自己採点から点数が引かれない場合は合格ラインが下がって有利に働く
  • 複数正解問題は増えるほど点数が増える・正解者が増える可能性がある

不適切問題が多ければ必ずしも良いわけではないということが分かりましたね。

 

もし55回国家試験の不適切問題や難しい問題について

「もっと詳しく知りたい!」

「分かりやすく教えてほしい」

「これからの対応が心配」

という方は

不適切問題情報・問題解説が無料で届く

下記のLINEにぜひご登録ください。
(※鰐部ゼミナールの解答速報LINEとは異なります)

 

臨床の用意にも試験対策にも使える教材を無料プレゼントしています!

 

【期間限定!プレゼント企画!】

鰐部ゼミナールのめちゃ分かりやすい

  • 心電図ショートムービー授業プレゼント!
  • 心電図PDF資料プレゼント!
  • 心電図暗記カードプレゼント!

追加ボタンを押せばすぐにプレゼントが受けとれます!

この記事を書いている人 - WRITER -
ワニ先生
鰐部雄心(ワニベユウシ) 理学・作業療法士国家試験予備校 鰐部ゼミナール塾長/理学療法士 PT養成校では首席で国試点数は243点。世界で一番分かりやすい授業を日々目指しております。良ければショートムービー授業ページの一部をYouTubeで配信しております。本文上のYouTubeボタンからぜひご覧いただけますと幸いです。
詳しいプロフィールはこちら


無料体験会

(現役1~4年生も対象です)

全教科ショートムービー授業・ネット集団授業(2ステップコース)の体験ができます

1・3ステップコースをご希望の方も下記フォームをご利用下さい


インターネット授業:

  • 3月26日(火)28日(木)54回解説+55回合格勉強方法講座
  • 4月2日(火)脳血管障害(脳画像の見方)
  • 4日(木)心電図
  • 9日(火)体液(免疫)
  • 16日(火)呼吸
  • 19日(金)配点15点の臨床心理学・精神医学
  • 23日(火)実地問題対策
    【10:00~12:00】
    ※何回でも参加可能!

スマホ/タブレット/PC どれからでも簡単にご参加いただけます。

当日ご参加できない方はオンデマンド配信(Youtubeの限定配信)にて受講可能。

過去の授業動画もご利用頂けます。



 

 

鰐部わにべゼミナールの忘れても何度でも見返せる「3つの授業」とは?

 

 

鰐部ゼミナールは、忘れても何度でも授業を見返せるシステムがあります。こちらの動画をご覧ください↑

 

 

鰐部ゼミナールは

  1. 「映像授業」で知識を身につけ、
  2. 「ネット集団授業」で知識を定着し、
  3. 「完全個別指導」で解法テクニックを学ぶ

3ステップ授業で『確実な正答力を獲得する』ことをコンセプトにした理学療法士国家試験予備校です。

※オンライン授業のため、対象は全国の受験生です。

 

鰐ゼミでは3つの授業全てが1年間で何度でも見返せすことが可能です。

特に映像授業では全教科授業・7年分過去問解説が見放題なので、塾の勉強で足りるかな?と心配をする必要はありません。

 

私と同じように、勉強が苦手だった子が少しでも救われるよう、興味を持ってもらえて、楽しく勉強が出来れば良いと思い、分かりやすくて便利な教材を作成しました

 

もちろん、皆様もお分かりだと思いますが、教材があっても覚えなければ合格できません。

 

その点では覚えるための勉強方法、努力の仕方、分析の仕方についても鰐ゼミではしっかりと教えさせていただきます!

 

私としては鰐ゼミのメインは教材よりも、人として本質的な学びや努力の方法を教えることだと考えています。

 

以下がコース内容です。ご予算・他塾との兼ね合いで検討頂ければ幸いです。

コース 授業内容
1ステップ 映像授業
2ステップ 映像授業+ネット集団授業
3ステップ 映像授業+ネット集団授業+個別指導

 

 

 

1ステップコース

  1. ショートムービー映像授業(見放題

・週1小テスト
・質疑対応(2・3ステップコースの方優先)
・模試アドバイス動画
・オンライン自習室

入会金:無料
料金:一括98,000円(税抜)

 

全教科の授業が動画で学べる、映像授業のみの1ステップコース。当塾テキスト付き。

2ステップコース

  1. ショートムービー映像授業(見放題)
  2. ネット集団授業(毎週火曜日10時~12時もしくは20時~22時)

・週1小テスト
・質疑対応(集団授業時の解答)
・模試アドバイス動画(5分アドバイス)
・オンライン自習室
・短期講習の無料プレゼント(1回20,000円相当)

入会金:50,000円(税抜)
年額費用:198,000円(税抜)

 

予算を抑えつつ、合格したい方向け。映像授業+集団授業の2ステップコース。


3ステップコース

  1. ショートムービー映像授業(見放題)
  2. ネット集団授業(毎週火曜日10時~12時もしくは20時~22時)
  3. 個別指導(2時間×月4回 全国対応)

・週1小テスト
・質疑対応(LINEで24時間OK)
・模試アドバイス動画(個別対応)
・毎日の勉強管理サポート
・オンライン自習室
・短期講習の無料プレゼント(1回20,000円相当)

入会金:50,000円(税抜)

初期費用:198,000円(税抜)
(映像授業+集団授業システム費)

月額:100,000円(税抜)

 

個別で「知識と分析力」を身に付けたいなら、映像授業+集団授業+個別指導の3ステップコース。

(完全個別指導のため、6名様限定となっております。ご希望の方はお早めにお問い合わせください。)

自身の状況に併せて最適なコースをお選びください。

 

 


↑コースの詳細を動画で説明しています!

 

第54回国家試験合格生(見込み)の声

第54回国家試験合格者、数名から感想やご意見を頂きました。

皆様本当におめでとうございます!

 

加藤様(3テップコース:オンライン4回/ 月)

勉強を進めるにあたって勉強のマネジメント仕方を教えてもらってから、去年よりうまく運用する事が出来るようになりました。

勉強や国試に対しての不安解消を相談してすぐに解決してもらえるところが良かったです!

また、学校の授業やバイトで時間がなく授業に参加出来なくても、自分の好きな時に動画を見返せる事がとてもありがたかったです!

 

伊藤様(2ステップコース)

森下様(2ステップコース)

 

石田様(2ステップコース)

近藤 研介様(2ステップコース)

 

↓コースを一覧表にしました。(スマホだと見えにくいですがご容赦ください)

コースの一覧表を見る

1・2・3年生や忙しい方

1ステップコース

予算も抑えつつ絶対合格したい

2ステップコース

もっと手厚いサポートを

3ステップコース

6名様限定!

全教科収録!

①ショートムービー映像授業

毎週火曜にリアルタイム!

②ネット集団授業

×

※10時~12時の部

20~22時の部

その日の都合で好きな部に参加可

2時間×月4回!

③個別指導

× ×

※オンライン授業可能

週1小テスト送信
質疑応答

2・3ステップの方優先

集団授業時の解答

LINEでいつでも!

模試アドバイス ×

5分アドバイス

個別作成

毎日の勉強管理サポート × ×
オンライン自習室利用
短期講習の無料プレゼント ×
入会金 無料 50,000円(税抜) 50,000円(税抜)
料金 一括98,000円(税抜) 年198,000円(税抜)

初期費用198,000円
(映像授業+集団授業システム費)

月額100,000円(税抜)

わにべゼミナールに入ると…、

映像授業で理解してからの暗記なので長期記憶になりやすい

忘れても映像授業を見返せばすぐに知識を取り戻せる!

同じ境遇の全国の仲間と一緒に頑張れる!

何か迷ったら、LINEで簡単に先生に相談し解決できる

勉強方法授業で合格できる方法が分かり、自信をもって勉強ができる!

600人以上が合格している方法なので、安心して勉強に挑める

勉強が嫌い!苦手!でも本気で合格したいあなたへ

僕も同じ勉強が嫌いで苦手でした

一緒に勉強して最高の結果を手に入れませんか?

わにべゼミナールで

来年の今、一緒に喜びましょう!

気になる方は気軽に無料体験授業をお申込みください。

お問い合わせフォーム、お電話(03-5357-8099)、LINE(@techoujyuku)のどれでも大丈夫ですので、お気軽にお問い合わせください。
⇒例「無料体験授業を受けてみたい」

 

無料体験会

全教科ショートムービー授業・ネット集団授業(2ステップコース)の体験ができます

1・3ステップコースをご希望の方も下記フォームをご利用下さい

ネット集団授業:

  • 3月26日(火)28日(木)54回解説+55回合格勉強方法講座
  • 4月2日(火)脳血管障害(脳画像の見方)
  • 4日(木)心電図
  • 9日(火)体液(免疫)
  • 16日(火)呼吸
  • 19日(金)配点15点の臨床心理学・精神医学
  • 23日(火)実地問題対策
    【10:00~12:00】
    ※何回でも参加可能!

スマホ/タブレット/PC どちらからでも簡単にご参加いただけます。

当日ご参加できない方はオンデマンド配信(Youtubeの限定配信)にて受講可能。

過去の授業動画もご利用頂けます。

無料体験の参加方法

1.「体験希望」を選択してください。

2.参加希望日を自由記載欄に入力(何回でもご参加いただけます)

3.送信ボタンを押す

⇒準備に関するご案内文、体験版ショートムービー授業ページをメールにてご連絡いたします。

600名以上の合格を支えてきた鰐部わにべ塾長が、心からお待ちしております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください