営業時間10:00~20:00

3ステップ授業でPTOT国試に確実合格!

PTOT国試専門家 鰐部雄心プロフィール(わにべゆうし)

ワニ先生
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ワニ先生
ワニ先生こと鰐部雄心(ワニベユウシ)です! 理学療法士国家試験予備校 鰐部ゼミナール塾長/理学療法士 高校生まで勉強嫌い&落ちこぼれでしたが、PT養成校では首席で国試点数は243点。そのノウハウと教えるの好きを活かし、国試合格を目指すPTSOTSに貢献します。少しの勉強方法と考え方が分かれば国家試験は難しいものではありません。有益になるような情報を発信していきます!

―PT国試の再受験は受からない。予備校に行っても受からない。を本気で変える最高の授業と最高の教材を―

皆様、初めまして鰐部雄心(わにべゆうし)と申します。

本記事を訪ねてくださり、誠にありがとうございます。

鰐部雄心(わにべゆうし)のプロフィール

卒業生との写真 
 

理学療法士 / 作業療法士国家試験予備校 鰐部ゼミナール塾長

・養成校(1学年約120名)を首席で卒業 (国家試験点数:243点)

・都内整形外科クリニックで勤務 外来リハビリと訪問リハビリを経験

・各養成校で国試対策講師として600名以上の国試合格を支える

・2012年『理学療法士国家試験予備校 手帳塾』を開塾し、現在は鰐部ゼミナールに改名

・2018年現在鰐部ゼミナールは約40名の浪人生が在籍する予備校に

・東京大学 大学総合教育研究センター「インタラクティブティーチング講座」修了

 

勉強を教える仕事(国試塾)を始めたきっかけ

「国家試験ってあくまでもセラピスト人生の”通過点”ですよね?なんでこの仕事を始めたんですか?」とよく聞いて頂きます。

今の仕事をするに至った経緯からお話できたらと思います。良かったらお付き合いいただけたら嬉しいです。

 

もともとは勉強嫌い&落ちこぼれ

「こんな仕事をしているからずっと勉強が好きだったんですね?」って思われるんですが、じつは全くそんなこともなく高校生まで成績は落ちこぼれでした。

  • 中の中の公立高校で体育と好きだった数学以外はオール2
  • 毎日見るのは教科書ではなく漫画
  • 宿題=やらないが当たり前

かなりのダメ高校生でした。酷かったです。

 

理学療法士を目指すきっかけは大学受験

 

高校3年生4月、特に進路も決めておらずフラフラしていました。

同級生で部活も同じH君と進路の話になった際、初めて理学療法士の存在を知りました。

おれは理学療法士になるよ。トレーナーは理学療法士が多いよ。ワニにも良いかもね。

H君

理学療法士?何それ?

高校生わにべ

 

私は中学生で重度の腰椎椎間板ヘルニアを患い、半年近くカラダを満足に動かせず、近所の整体で治療をしてもらった経験がありました。

高校生でもケガが多く、部活も満足に練習が出来ず、いつの間にか筋トレの指導役やテーピングをしたりと、サポート的存在になっていました。

そのためスポーツ関係だったり、トレーナー・整体関係に漠然とした興味がありました。

トレーナーにもなれるし、整体みたいに人のカラダを治せたら良いし、良いかも?

高校生わにべ

 

そんな感じで、一度も見たことがない・どんな仕事かも分からない・特に調べないで理学療法士を目指すことを決めました。

 

その日から理学療法士の大学を目指すことになった私は人生で初めて本気で勉強と向き合うことになりました。

やる気だけは満々

しかし最初は

全然ダメだ、、、

高校生わにべ

 

最初は結果が出ず、「なんで僕の頭はこんなに馬鹿なのか、、、」と自分に嫌気がさしました。

(授業中は漫画しか読んでいないことに後悔しました。)

 

「正しい勉強方法」を学ぶことで急激に成果が上がった

挫折しかけていた状況を変えてくれたのは「勉強方法」でした。

当時はインターネット等はそこまで身近なものではなかったので、勉強方法に関する本を沢山読み、実践することで、結果が出るようになってきました。

(ここで今の仕事に通じるノウハウが培われました。)

「正しい勉強方法」を知るだけで、こんなにも違うのか、と私自身とても驚きました。

おかげで全国模試順位1桁(英語以外)になったりと、一定の成果はありました。

 

しかし第一志望の大学は不合格

成果が出てきて喜ぶ私。しかし当時の自分に足りなかったのは、分析力でした。

一時成績が上がっても、後半はその知識が抜け落ち、最後はうつ状態になり、右肩下がり。フラフラになりながら受験を迎えました。

当時「誰か助けて~」「そういう先生っていないのかな?」と強く考えたことを覚えています。

結果、私大を3校受け、2校不合格・1校合格しました。が、第一志望の大学は落ちてしまいました。

受かった大学には行かず、当時音楽や洋服が好きだった私は都内に憧れ東京の専門学校に通うことになりました。

 

せっかく頑張ったから、これから4年間また頑張ろう。

高校生わにべ

 

養成校に入り、毎日出来ないなりに分かりやすい覚え方を考えながら、バイト後に復習と毎日勉強する習慣を4年間続けました。

結果、最後は国家試験を243点/280点中を取り、主席になることができ更に様々な勉強方法ノウハウを身に着けることができました。

 

国試対策講師になったきっかけは就職1年目に出会った同期の国試浪人との出会い

 

今の仕事を始める一番大きなきっかけとなった国試浪人のKさん(30代前半・既婚)とは、就職先で出会いました。

Kさんは働きながら翌年の国家試験に臨もうとしていました。

しかし入職したての私は自分のことで精一杯。彼の勉強を気にかける機会は殆どありませんでした。

そして時が過ぎ、国試まであと2か月に迫った1月。模試結果を見て立ち尽くすKさん。

調子はどうですか?

わにべ

それが…

Kさん

(ピラッ)…なんと、、、、

わにべ

記載されていた点数は合格点には程遠く、全国平均よりも下の順位、という悲惨な結果。

ああ、このままだと100%合格できない・・・よし。

わにべ

 

彼が合格できるよう、サポートすることを決意

ホコリを被っていた国家試験教材を引っ張り出し、約1か月半、業務後の夜、私の国試ノウハウを全て彼に託した結果、彼は200点を超える点数(合格点は168/280点中)で合格することができました。

合格して、職場で泣きながら同僚と抱き合い、喜ぶ彼を見てとても嬉しかったことを今でも鮮明に覚えています。

小島さん

Kさんこと、小島和義さん(国試合格後、お子さん2人が生まれ幸せにPT人生を送っています)

 

僕の中で何かが変わりました。そして塾設立

せっかく何年も学校に通い、高い学費も払い、厳しい実習もクリアしたのに、最後の試験でPTOTを諦めるなんて悲しすぎる。

この出来事がきっかけで、国家試験で苦しんでいる受験生の役に立ちたい、人生をこの仕事に捧げたいと思いました。

また、「先を見通す・立て直す分析力」「サポートしてくれる先生」私自身が大学受験でにあったら良いなと思ったこの2つを、私と同じ失敗をしないように受験生に提供してあげたいと思いました。

そして翌年、卒業した養成校にお願いをして、国家試験対策講師となり1学年120名程の学生さんと共に講義スキルを磨いていきました。

またその翌年には最新の教育事情を勉強すべく、東京大学が主催している大学総合教育研究センター「インタラクティブティーチング講座」にて最新のアクティブラーニングを学びました。

そして塾設立を心に決め、準備を進め、鰐部ゼミナールを設立しました。

 

そして現在

鰐部ゼミナールは2018年度は年間通塾生が約40人在籍する塾となりました。

実際に私の指導を受けて下さった生徒さんの中には

  • 養成校の教師から「PTになるのは諦めろ」と言われた学年最下位生が合格
  • 8年間養成校で最下位だった生徒が合格
  • 国家試験塾2校に通っても落ちてしまった生徒が当塾の指導を受けて合格
  • 1月迄実習を余儀なくされ、勉強期間1ヶ月の生徒が合格

などと生徒さんが努力をした結果、実績が増えております。

特に合格を支えるのは「量と質を兼ね備えた最高の教材」です。

2年目までは1対1の個別指導に拘ってきましたが、より習熟度を高めるために、全教科授業・7年分の各問題の解説ショートムービー授業動画を作成しました。

更に今年度から、集団授業サービスを取り入れ、映像授業→集団授業→個別指導と3ステップ指導を採用し、更に「生徒が自分に自信を持てる」授業を展開しています。

また、つまずきポイントを把握した上で、塾生の「分からない」を先読みし、分かりやすい授業を展開することに絶対の自信があります。

特に勉強が苦手な子に教える時は、講師側が「つまずきポイント」を知っていることがとても大切です。

生徒側のつまずきポイントが分からなければ、説明の仕方に工夫のしようがないですし、そのまま授業が進めば生徒は完全に置いてけぼりをくらいます。

当塾1番の強みは、創業時から「個別指導」で生徒と11で向き合ってきた結果、生徒が経験する「つまずきポイント」を、把握していることです。(恐らく日本一把握していると思います)

 

私の使命と約束

―指導テーマは「先生も頑張る・生徒も頑張る・誠実さを大切に」―

私の使命は、当然塾生を全員合格へと導くことです。

現状では、年に数名落ちてしまっている方がいる状況ですが、とにかく合格できるよう、最高の教材を作り続け、最高の授業を展開する。

そのために、毎日子供を寝かしつけた後は、夜に映像授業を作成・更新し、配布資料もより良いものに改善し続けています。

手前味噌ですが、去年卒業した生徒に現在の資料を見せると必ず「これ、すごく進化してます!」と言われます。

再受験合格率は2040%と厳しい現状です。サポートが必要な方は多いと考えています。

生徒さんと「合格のために何をすれば良いか」を一緒になって考え、徹底した初心者目線でサポートをします!

絶対大丈夫!あなたにもできる!!!

だって僕自身何もわからない0から始めましたからね!

私は「合格へ導けるよう、最高の努力を惜しまず、誠実な指導を提供する」ことをお約束します。

 

せっかく3・4年かけて勉強をし、実習にも合格し、最後の試験につまずいて諦めるのは本当に勿体ない。

試験は大きな人生の分岐点です。

私はその人生の分岐点・ドラマに皆様が良い方向に進めるよう、全力でサポートさせて頂きます。

 

私の一番の嫌いなことは「高圧的に怒ること・怒られること」

 

私の大嫌いなものは「高圧的な怒り」です。

私は昔から怒られると、かなり萎縮し、思考が停止してしまい、カラダもうまく動かなくなってしまいます。
(それはそれで問題なのですが、、、)

小学生まではそれなりだった野球も
中学生で先輩からの圧に負け、ミス連発、補欠にもなれず、、、
高校でバスケ部に入り、最初は良かったものの、日々先輩からの圧に負け、同じパターン、、、

 

生徒さんには同じ思いを絶対にして欲しくないので、伝え方・教え方はとても気をつけています。

やっぱり人対人なので、「誠実さ・気遣い・礼儀」が無いとどんなに良いことを伝えても生徒さんには届きませんよね。

 

案外、理学療法士・作業療法士業界で多いのは、高圧的に怒られる、などのパワハラのような必要の無いプレッシャーを受けることで、その人にとって進むべき良い道を潰してしまうことが見受けられます。

そのせいで伸びない子に自分が関わったことで、伸びるてくれるのは仕事の一つのやりがいです。

 

私の喜び・夢

私の夢でもあり喜びは合格してセラピストになった生徒さんと、一緒に仕事をすることです!

先生と生徒が同じ目線になって仕事ができる。これは何よりもうれしく光栄なことです。

一緒に仕事をして、地域社会・世の中に貢献、還元できるような仕事ができれば最高だと思っています。

 

また夢は、勉強って簡単な意識の変化やコツで劇的に変わる。っていうのを小さな子から大人まで沢山の方に知ってもらうために、

鰐ゼミで培われてきた勉強ノウハウを社会に還元し、過去の私のように勉強嫌いでできない子が楽しく結果を出せるようにできたら良いなと思っています。

そう考えただけでワクワクします。

 

最後にわにべの情報

■JR横浜線の小さな町「小机」出身(神奈川県横浜市出身)

■家族:妻・13歳娘・2歳娘の4人家族  (女3人 v男1人で肩身狭く生きています)

■小学生:身長140cm体重60kgで学年で一番のぽっちゃりに。一時期いじめにあうも、人のことをよく考えるきっかけになったため、今では良い経験になったと感謝

■中学生:野球部に入部→減量成功→腰椎椎間板ヘルニア受傷

■高校生:ヘルニアの体幹前屈制限の影響で、野球を辞めバスケ部へ→怪我が多く練習時間よりサポート役に。音楽が好きでバンドをやっていました(ベース)

■PT養成校時代:バイト①イタリアンレストランの厨房(釜でピザ焼けます)②裏ビデオを売っているヤクザさん経営の書店(怖くて1年で辞める)③たまにエグザイル事務所のガードマン(身長165cmなのに) ラーメン屋巡り

■趣味:勉強を教えること・キャンプ・登山・ラーメン・音楽(毎年フジロックに行きます)・料理・視聴率チェック(なぜか昔から)

■どんな人間:基本フラット・おおらかな方・怒られると非常に萎縮するので自分自身も基本怒らない・スポーツや車運転のような応用力が求められるようなものは苦手・人の話をよく聞こうとする・相手に良い意味で言い訳させない/説得する技術高め

■大切にしていること:誠実さ・謙虚さ・礼儀が無ければ人は終わり

■嫌いなこと:パワハラ・体育会系・高圧的態度

お姉ちゃん(13歳)と妹(2歳)と私

 

私の想いはただ一つ

あなたの合格したい、セラピストになりたい想いを

鰐部ゼミナールの最高の教材と授業を活用して
あなたの勉強のサポート・お手伝いをして

あなたの合格を実現させたい

それだけです!

このHPでは私がもっている知識や情報を公開しています。
基本的に、このブログの情報をもとに頑張り続ければある程度の成果が出るとは思います。

もし、どうしても一人では難しい…!

同じ志を持った仲間と頑張れる環境がほしい!

合格したい!

という場合は、ぜひ私が運営している予備校
「鰐部ゼミナール」をのぞいてみてください。
↓↓
鰐部ゼミナールってどんな学校か見てみる

お問い合わせ

この記事を書いている人 - WRITER -
ワニ先生
ワニ先生こと鰐部雄心(ワニベユウシ)です! 理学療法士国家試験予備校 鰐部ゼミナール塾長/理学療法士 高校生まで勉強嫌い&落ちこぼれでしたが、PT養成校では首席で国試点数は243点。そのノウハウと教えるの好きを活かし、国試合格を目指すPTSOTSに貢献します。少しの勉強方法と考え方が分かれば国家試験は難しいものではありません。有益になるような情報を発信していきます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください